相続登記・不動産(土地・家・住宅・マンション)の名義変更・遺産相続は大阪河内長野の赤嶺司法書士事務所にお任せください。

相続税

相続税

相続税は結構高額になることもあります。特に節税対策をせずに相続手続きをすすめ、相続手続きを終えてから、節税対策をしておけばよかったということがわかってもどうしようもないことが多々あります。必ず、相続手続きを行う前に相続税がかかるかどうかを確認しておくことを強くお勧めします。

そこで気になるのが、どのくらいの相続財産があると相続税を納める必要があるのか、ということでしょう。相続税には基礎控除額があり、相続財産の額が基礎控除額を超える時に、相続税がかかってきます。

基礎控除額→5000万円+1000万円×法定相続人の数

たとえば、法定相続人が配偶者と子供1人の場合、基礎控除額は[5000万円+1000万円×2]=7000万円となります。相続財産の額がこの7000万円を超えなければ相続税はかかりませんし、相続税の申告をする必要もありません。また、相続税には税法上の特例が多くあり、相続財産の額が基礎控除額を超えた場合でも、相続税がかからない場合もあります。実際に相続税を納める必要があるのは、全体で5%程度です。

税理士に相談しよう

相続税を納める必要のある人は、自分はいくら払えばいいのだろう、と心配になっていることでしょう。自分で相続税の計算をしてみようとしても、多くの特例や計算式があり、具体的な相続税の計算ができないと思います。司法書士である私も、とてもとても相続税の計算はできません。やはり税理士に相談して依頼するのがよい方法だと思います。

もちろん税理士に依頼すれば税理士への費用が発生しますが、それを惜しんだためにあとから税の追徴を受けたときの費用の方が高額になることは間違いありません。むしろ税理士に依頼した方が相続税の節税につながる可能性はあると思います。

当事務所でも税理士をご紹介できますので一度ご検討ください。

b_contact_tel
不動産(土地・家・住宅・マンション)の名義変更・遺産相続は大阪河内長野の赤嶺司法書士事務所にお任せください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0721-21-3232 受付時間 8:00 - 19:00 (土・日・祝日も対応可能)

業務地域(出張相談致します)

<大阪府>河内長野市,大阪狭山市,富田林市,千早赤阪村,松原市,河南町,大阪市,堺市,和泉市,泉大津市,忠岡町,岸和田市,貝塚市,熊取町,泉佐野市など大阪府下全域

<和歌山県>和歌山市,海南市,橋本市,かつらぎ町,九度山町,高野町,紀の川市,岩出市

<兵庫県>尼崎市,伊丹市,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,川西市

PAGETOP
Copyright © 赤嶺司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.