相続登記・不動産(土地・家・住宅・マンション)の名義変更・遺産相続は大阪河内長野の赤嶺司法書士事務所にお任せください。

被相続人の住所の沿革がつかない

住民票等で被相続人の住所の沿革がつかないのですが
登記簿上の所有者と被相続人が同じであることの証明書として住民票の除票や戸籍の附票を収集します。
その書類によって、登記簿上の住所から死亡時の住所までの経緯がはっきり分かればよいのですが、分からない場合が多々あります。
それは住民票の除票は転出や死亡してから5年、戸籍の附票も除籍から5年が保存期間のため、それを経過すると交付を受けることができなくなるおそれがあるためです。
戸籍に関しては本人の転籍以外にも、役所都合の戸籍書き換えがありますので注意が必要です。
最近では各地で戸籍事務のコンピュータ化が進み、従来の手書きの戸籍が閉鎖されていっています。この閉鎖も除籍と同じ扱いで、言い換えれば戸籍コンピュータ化から5年後にはみなさんの知らないうちに戸籍の附票が廃棄され、過去の住所の沿革が分からなくなることになるわけです。
こうなった場合、登記はどうするのか?登記簿上の所有者と被相続人が同じであることの証明書が用意できない代わりに、住民票の除票や戸籍の附票の廃棄証明書と上申書(相続人全員の印鑑証明書付)、その不動産の権利証を添付すればよいという取り扱いが多いようです。
ただ、法務局で取り扱いが異なりますので、事前に確認が必要です。

よくある質問

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0721-21-3232 受付時間 8:00 - 19:00 (土・日・祝日も対応可能)

よくある質問

業務地域(出張相談致します)

<大阪府>河内長野市,大阪狭山市,富田林市,千早赤阪村,松原市,河南町,大阪市,堺市,和泉市,泉大津市,忠岡町,岸和田市,貝塚市,熊取町,泉佐野市など大阪府下全域

<和歌山県>和歌山市,海南市,橋本市,かつらぎ町,九度山町,高野町,紀の川市,岩出市

<兵庫県>尼崎市,伊丹市,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,川西市

PAGETOP
Copyright © 赤嶺司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.