相続登記・不動産(土地・家・住宅・マンション)の名義変更・遺産相続は大阪河内長野の赤嶺司法書士事務所にお任せください。

遺言の作成

遺言の作成のことならはお任せください

b_sozoku_will_catch

 遺言のことでお困りの方へ

b_sozoku_will_01このような方、遺言の作成のことならは赤嶺司法書士事務所にお任せください。遺言の作成完全サポートは、専門家による遺言の作成支援サービスです。面倒な公証役場とのやり取りや、遺言の文案など法律の知識が必要な書類作成は、相続の専門家である司法書士があなたに代わってお手続きいたします!

赤嶺司法書士事務所にご依頼いただくと安心です

b_sozoku_will_after赤嶺司法書士事務所に遺言の作成をご依頼いただくと、あなたが確実に子供や配偶者に相続させることができる遺言内容についてアドバイスします。遺言についての複雑な内容は司法書士がわかりやすくご説明しますので、疑問点はすべて解消したうえで手続きに進んでいただけます。

ご依頼者の声

voice_20120824

もっとご依頼者の声を見る

b_contact_tel

遺言~「争族」となってしまうことを防ぐことができます

遺言は人の生前における最終の意思を示すものです。遺言に書かれた財産の分け方等には法的な効力があるため、自身の死後、家族間で無用な争いが起こるのを防いだり、ご自身の思い通りに財産を分配することができます。

遺言がないと、民法で定められた法定相続分にのっとって相続が行なわれますので、家族間で無用な争いが起こるおそれがあります。また、財産を渡したくないという身内の方がいたとしても、その方が法定相続人であれば、財産が分配されてしまうことになります。

法的な効力はありませんが、遺言の最後に「附言」という形で遺言を書いた理由や、家族への想いを伝えることもできますし、預金口座や各種会員証の内容を伝え、家族が自身の死後事務に戸惑うことのないようにすることもできます。

遺言は満15歳以上であれば作成することができます。相続でもめないために、遺言の作成を考えてみませんか。

遺言の種類

遺言は大きく分けて4種類あります。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言
  • 特別方式の遺言

このうち、特別方式の遺言は緊急時のものなので普段はめったに利用しません。

自筆証書遺言

  • 方式
    • 遺言者が遺言の全文・日付・氏名を自書し、押印する。
  • 特徴
    • 簡単に作成できる。
    • 遺言の作成を秘密にできる。
    • 遺言者が遺言を保管するため、発見されなかったり、紛失のおそれがある。
    • ワープロ等を使用して作成することができない。
    • 遺言の効力をめぐって紛争が生じやすい。
    • 家庭裁判所の検認手続きが必要。

公正証書遺言

  • 方式
    • 証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に伝え、遺言を公正証書として作成する。
  • 特徴
    • 遺言の内容が明確に作成されるので紛争が生じにくい。
    • 遺言の原本は公証人が保管するため、紛失するおそれが少ない。
    • 遺言作成の費用がかかる。
    • 公証人や証人には遺言の内容を秘密にできない。
    • 家庭裁判所の検認手続きは不要。

秘密証書遺言

  • 方式
    • 遺言者が遺言書を作成し、封印したものを公証人と証人2人以上の前に提出して作成する。
  • 特徴
    • 遺言の内容は秘密にできる。
    • 遺言の作成自体は秘密にできない。
    • 遺言者が遺言を保管するため、紛失のおそれがある。
    • ワープロ等を使用して作成することができる。
    • 遺言の効力をめぐって紛争が生じやすい。
    • 家庭裁判所の検認手続きが必要。

遺言の作成のことなら相続のプロへお任せください

ご相談・ご依頼
まずはお電話・無料相談フォームにてお問い合わせください。ご相談日の日程調整をします。ご相談は、土日祝日や平日夜間でも対応可能です。もちろんご相談は無料です。
お見積りの提示
お手続きをご依頼いただくにあたって、必ず事前に費用のお見積りをお知らせします。お見積りにご納得いただければ、正式にご依頼いただき、手続きを進めていきます。
遺言内容のご相談・お打ち合わせ
どのような遺言の内容にするのか、ご相談のうえ決めていきます。だいたいの内容が固まってきたら司法書士が公証役場と打ち合わせをし、遺言の文案を作成をします。
遺言内容の確認
公証役場で作成した遺言の文案の確認をしていただきます。
公証役場へ出向き、公正証書遺言を作成
日程を調整のうえ、証人2名とともに公証役場へ出向き、公証人が遺言を作成します。

費用

司法書士報酬

手続内容
報酬額(消費税別)
備考
遺言書作成支援50,000円
公正証書遺言の証人20,000円証人1名につき

主な実費

内容
実費
備考
完了時の登記事項証明書(土地・建物)500円不動産1個につき
住民票200円~400円自治体により手数料が異なります。
戸籍謄本
(全部事項証明書)
450円1通につき
除籍謄本、改製原戸籍謄本750円1通につき
戸籍の附票200円~400円1通につき
自治体により手数料が異なります。
固定資産評価証明書200円~400円自治体により手数料が大きく異なります。

b_contact_tel

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0721-21-3232 受付時間 8:00 - 19:00 (土・日・祝日も対応可能)

業務地域(出張相談致します)

<大阪府>河内長野市,大阪狭山市,富田林市,千早赤阪村,松原市,河南町,大阪市,堺市,和泉市,泉大津市,忠岡町,岸和田市,貝塚市,熊取町,泉佐野市など大阪府下全域

<和歌山県>和歌山市,海南市,橋本市,かつらぎ町,九度山町,高野町,紀の川市,岩出市

<兵庫県>尼崎市,伊丹市,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,川西市

PAGETOP
Copyright © 赤嶺司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.