おはようございます。大阪河内長野の司法書士赤嶺です。

先日からすすめているややこしい相続登記のお仕事ですが、紆余曲折のうえ、やっと登記完了まで持ってくることができそうです。

この事案は実に多くの「驚き」がありました。

・登記がブック(簿冊)のまま

・持分の記載がない

・被相続人の登記簿上の住所の沿革がつかない

・住所の沿革がつかない場合に必要な権利証書や納税通知書が入手できない

・粗悪登記用紙からの登記事項移記誤り

・固定資産税公課証明書に記載される所有者の氏名の漢字が登記簿と相違する

特に最後の所有者の漢字が相違してたという点は、まさかまさかの展開でした。

固定資産税公課証明書を取得して上申書に添付することで、住所の沿革がつかない件については受理される段取りをとっていたのにですよ。「これでは被相続人の同一性の証明にはなりませんね」と法務局。

結局、法務局と再協議して廃止されたはずの「保証書」を作成することに。

今まで経験でもっとも難関な相続登記です(現在進行形)。